石垣好きの城歩き

石垣好きの城歩き

素人の城好きが気合で城を巡ります。

安土城(滋賀県近江八幡市)

安土城滋賀県近江八幡市) 2015年10月訪問

満足度:★★★★

言わずと知れた、織田信長の居城であり、近世城郭はここから始まりました。建物は何も残っていませんが、ロマンがあります。戦国時代ファン必見!

日本100名城

 

歴史

織田信長の天下統一の拠点として、1576年に築かれました。5重7階の天主,総石垣,金瓦と以後の日本の城に大きな影響を及ぼしましたが、本能寺の変後に放火され灰燼に帰しました。築城からわずか6年の栄華。チーン。

 

 

交通アクセス

困難度:★★★

JR安土駅から徒歩30分。駅前にはレンタサイクルもあります。 正直ローカルな駅ですが、琵琶湖線なので本数はそこそこあります。

 

城歩き

安土城 百々橋口

f:id:castle_walk:20191020054947j:plain

観音寺城からレンタサイクルで百々橋口に向かいましたが、今はここからは入城できないようで残念。信長時代にはここからが謁見のための正式ルートでした。

  

大手道

f:id:castle_walk:20191020055018j:plain

現在の入口はこの大手道。平成元年から開始された調査にて発掘されました。大手口から直線的に180m進み、両側には屋敷地が並んでいます。実は当時の記録には残されていないため、天皇行幸用とか、資材運搬道用とか諸説あります。

 

前田利家邸跡

f:id:castle_walk:20191020055112j:plain

大手道を登り始めてすぐ右側にある伝前田利家邸跡の虎口。数段の郭に分かれた複雑な構成とのことですが、木が生い茂っていてよく分からん。残念。

 

羽柴秀吉邸跡

f:id:castle_walk:20191020055156j:plain

f:id:castle_walk:20191020055159j:plain

大手道の左側にある伝羽柴秀吉邸跡。屋敷跡とは思えない見事な石垣。でも、“伝”って付くってことは、本当に羽柴秀吉豊臣秀吉)の屋敷かは分からないんだろな。更に先には伝徳川家康邸跡(摠見寺)が在りますが、絶対徳川家康の屋敷跡ではないと思います。(家康は信長の部下じゃないし)

 

織田信忠邸跡と石段

f:id:castle_walk:20191020055235j:plain

f:id:castle_walk:20191020055237j:plain

大手道の直線を120mほど登ると突如左に曲がり、九十九折れの道となります。更に伝織田信忠邸跡あたりで百々橋口からの道と合流し、天主への石段が続きます。

 

黒金門跡

f:id:castle_walk:20191020061127j:plain

f:id:castle_walk:20191020061132j:plain

安土城の中枢部への入口となる黒金門跡。桝形になっており、今まで以上に立派な石が使われています。

 

伝二の丸の石垣

f:id:castle_walk:20191020061154j:plain

黒金門跡を通ってすぐの伝二の丸の高石垣。実は安土城の石垣の多くは昭和・平成の発掘調査の際に整備されたものが多いのですが、この石垣は当時のものです。安土城の石垣の一番の見所だと思います。

 

天主各跡への道

f:id:castle_walk:20191020061209j:plain

とうとう最終の天主閣跡が近づいてきました。安土城は、“天守”ではなく“天主”と表記するのが正しいそうです。

 

天主地下室部分の礎石

f:id:castle_walk:20191020061224j:plain

この礎石が天主を支えていました。この上に建てられた5重7階の天主はさぞや荘厳だったでしょうね。2019年、滋賀県が天主の復元を検討とのニュースがありましたが、詳しい史料が見つかっていないので難しいでしょう。
 

感想

信長好きには堪らない城です。大手道から天主台に向かうまでワクワクが止まりませんでした。当時は琵琶湖の内湖に三方が囲まれており、羽柴秀吉長浜城明智光秀坂本城,織田信澄の大溝城と琵琶湖ネットワークを作っていたというのもロマンです。

 

入城料について

2019年時点で拝観料(入城料)が700円と、私の知る限り姫路城の1,000円に次いで高いです。また、立入禁止箇所が増えました。安土山は摠見寺の私有地なのでしょうがないのですが、個人的になんだかな。