石垣好きの城歩き

石垣好きの城歩き

素人の城好きが気合で城を巡ります。

和歌山城(和歌山県和歌山市)

和歌山城和歌山県和歌山市) 2018年6月訪問

満足度:★★★★★

紀州徳川家55万石の居城です。暴れん坊将軍、8代目徳川吉宗が居た城と言ったほうが分かりやすいかな。惜しくも天守は空襲で焼失しましたが、徳川御三家の名に恥じない立派な城です。

日本100名城

 

歴史

豊臣秀長紀伊三国100万石の太守となり、1585年に紀伊支配の拠点として和歌山城を築き、桑山重晴を城代として置きました。

1600年の関ケ原合戦後、戦功を上げた浅野幸長が甲斐から入封し、本丸・二の丸を築き、天守を建てました。

1619年に徳川家康の10男頼宣が入城し、二の丸を西に広げ、砂の丸・南の丸を新たに築きました。以降、紀州徳川家の居城となり、尾張・水戸とともに「御三家」と呼ばれました。

豊臣秀長浅野幸長徳川頼宣と大物(?)の居城となり、それぞれの時代に城が拡張されました。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★★

JR和歌山駅から大手門入口まで徒歩20分。南海和歌山市駅からなら徒歩18分ほど。バスも多数走っています。行きやすい。

 

城歩き

f:id:castle_walk:20191102183731j:plain

f:id:castle_walk:20191102183811j:plain

和歌山城は、山上に天守郭と本丸が並立し、山麓には二の丸・西の丸・砂の丸・南の丸が配置されています。典型的な平山城ですね。

 

一の橋と大手門(復元)

f:id:castle_walk:20191102184455j:plain

大手門にしては簡素な気がするのは、元は現在の岡口門が大手門だったから。浅野時代に大手が北に変更されました。

 

大手入口からの石垣

f:id:castle_walk:20191102185744j:plainf:id:castle_walk:20191102185759j:plain

大手門から二の丸に入りましたが、中心部側には石垣が築かれています 。この石垣は切込接ぎで積まれており、石も大きめでかなり立派です。

 

二の丸(中奥・大奥跡)

f:id:castle_walk:20191103071858j:plain

f:id:castle_walk:20191102191735j:plain

和歌山城では二の丸が藩の中心であり、 政治を行う庁舎のある、藩主の公邸がある中奥、藩主の正室や側室たちが住む大奥とに分かれていました。

表ににあった建物は明治に大坂城に移築されていましたが、戦後失火により焼失しました。残念です・・・

 

廊下橋(再建)

f:id:castle_walk:20191103073620j:plain

f:id:castle_walk:20191103073623j:plain

西の丸には能舞台や庭園があり、二の丸から藩主専用の廊下橋が架けられていました。お忍びで行き来出来るわけですな。二の丸と西の丸には高低差があるため、滑り止め用の段差が設けられています。これは珍しい。

 

台所門跡

f:id:castle_walk:20191103075145j:plain

天守への主な坂は表坂と 裏坂があります。二の丸からは台所門跡を通って裏坂から登ります。門跡過ぎた右側の石垣には・・・

 

石段の小人?

和歌山城の小人

なんと小人が石段を登っています。正体は木の根っこなんですが、隠れスポットだとか???

 

裏坂

f:id:castle_walk:20191103140912j:plain

f:id:castle_walk:20191103141107j:plain

f:id:castle_walk:20191103141111j:plain

右に左に曲がりながら上っていきます。裏坂の石垣は初期の桑山氏時代に積まれたのでしょうか、「紀州の青石」と呼ばれる緑泥片岩が使用されています。苔の緑と相まって、しっとりと落ち着いた雰囲気です。好きだな。

 

本丸跡 

f:id:castle_walk:20191103145040j:plain

和歌山城の山上はラクダの背のように2つに分かれており、こちらは本丸側。 かつて本丸御殿がありましたが、不便なためほとんど使われませんでした。現在は水道配水池があり、不遇な曲輪です。

 

天守と裏坂

f:id:castle_walk:20200118214559j:plain

本丸跡から撮る天守がベストショット。

 

天守(復元)

f:id:castle_walk:20191103154054j:plain

三重三階の大天守と小天守・櫓との連立式天守です。戦前には国宝に指定されていましたが、空襲で焼失しました。現在の天守は鉄筋コンクリートですが、消失前の史料を基にかなり忠実に復元されています。
 

追廻門 

f:id:castle_walk:20191103162103j:plain

天守を見た後、山麓に下りて城を一周しました。

西の追廻門は搦手から砂の丸に入る門で、その色から赤門と呼ばれています。

 

不明門後

f:id:castle_walk:20191103163840j:plain

南の不明門跡は現在駐車場入口になっていますが、当時は死体や罪人を運び出す不浄門として使用されていました。切込接ぎの高石垣が見事。

 

岡口門

f:id:castle_walk:20191103165608j:plain

戦災を免れた南東の岡口門。築城時はこちらが大手門でした。

 

感想

紀州徳川家の城だけあって、天守も石垣もとても立派でした。特に裏坂の苔むした石垣が印象に残りました。ぜひ小人にも会いに来てください。

 

福岡城(福岡県福岡市)

福岡城(福岡県福岡市) 2018年5月訪問

満足度:★★★★

黒田家52万石の本拠地にふさわしい広大な城跡です(その割には少しマイナーな気がします)。天守は建てられなかったというのが定説ですが、築いたけど取り壊したという説も最近出てきました。面白いですね。

日本100名城

 

歴史

関ケ原の合戦で戦功を上げた黒田長政は、徳川家康から筑前一国を賜りました。一旦は小早川家の名島城に入りましたが、手狭で博多からも離れているため、1601年から7年の歳月をかけて福崎の地に城を築きました。以後、黒田家52万石の居城として、明治を迎えました。

なお、福岡という地名は、黒田家出身地の備前国福岡にちなんで、福崎を福岡に改称したことによります。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★★★

福岡市地下鉄赤坂駅から徒歩10分弱。繁華街の天神からも近く、アクセス抜群です。 

 

城歩き

案内図 

f:id:castle_walk:20191013062046j:plain

本丸・二ノ丸には堅固な石垣が築かれ、三の丸は土塁と幅広の水堀で囲まれていました。南東の水堀は埋め立てられていますが、城内には平和台球場跡や陸上競技場がすっぽり入るほど広大な敷地です。

 

東御門跡

f:id:castle_walk:20191028230413j:plain

二の丸に入る東御門跡。虎口になっており堅固な構え。権威付けの鏡石がはめ込められていますね。

 

祈念櫓

f:id:castle_walk:20191028230432j:plain

本丸の東北隅に鬼門封じの祈念をするために建てられた櫓です。1918年(大正7年)に大正寺に移築され、1983年(昭和58年)に同寺から戻ってきたとのこと。元は下見板張り・上白漆喰でしたが、寺への移築時に改変されたようです。

 

表御門跡

f:id:castle_walk:20191028230449j:plain

二ノ丸から本丸に入る門跡です。やはり石垣が立派だよな。当時の門は黒田家の菩提寺である崇福寺に移築されているそうなので、見とけばよかったな。

 

本丸

f:id:castle_walk:20191028230519j:plain

本丸も広いね。宴会(?)をしているグループもいて、ほのぼのとした雰囲気。

 

鉄御門跡

f:id:castle_walk:20191028230550j:plain

天守台に入るには、鉄御門跡を通ります。当時は二重の鉄扉と上部櫓で厳重に守られおり、その櫓は「切腹櫓」と呼ばれていました。物騒な切腹櫓の名の由来は、いざというとき城主が自害するための櫓だったから。残念ながら、1915年(大正4年)に鉄御門は老朽化で崩落しました。

 

天守

f:id:castle_walk:20191028230610j:plain

f:id:castle_walk:20191028230614j:plain

埋門上の橋を渡って天守台に入ります。礎石も残っており、立派過ぎる天守台ですね。本当に見晴らしが抜群です。

この福岡城には天守の存在を示す文書や絵図はなく、天守台のみが築かれたというのが通説でした。ところが、最近になって細川家史料に天守に関する記述が見つかったことから、短期間のみ天守が在ったのではという説も出てきています。個人的には、ロマンはあるけど無かったと思います。


多聞櫓

f:id:castle_walk:20191028230643j:plain

天守台を下りて向かったのは、南二の丸にある多聞櫓。江戸時代から残る数少ない建物です。ここまで来ると人はまばら。少しもったいない。

 

下之橋御門(再建)と伝潮見櫓

f:id:castle_walk:20191028230710j:plain

三の丸には、上之橋・下之橋・追廻橋が架かっていましたが、下之橋を渡って入る門が下之橋御門(大手門)です。門のみ残っていましたが、2000年(平成12年)に不審火で焼けてしまったとのこと。もったいなさすぎる・・・

 

大濠公園

f:id:castle_walk:20191028230727j:plain

博多湾の入り江だった大濠公園福岡城の外堀として利用されてきました。渡ってみたところ10分くらいかかったよ。

 

感想

広大な城跡です。あまりに広すぎるので、城らしさよりも公園らしさが強かった気がします。交通の便が良く、豪快な石垣や天守台も残っているので、博多観光の際にはぜひ寄ってみてください(無料だし)。

 

水城(福岡県大野城市)

水城(福岡県大野城市) 2018年4月訪問

満足度:★★★★★

太宰府防御を目的に1.2キロに渡って築かれた土塁と濠が水城(みずき)です。今は土塁のみが残り、城というよりは古墳チックな雰囲気を味わえます。

「筑紫に大堤を築きて水を貯えしむ。名づけて水城と曰う」

日本100名城

 

歴史

百済救援のため朝鮮半島に出兵した天智天皇ですが、663年の白村江の戦いで唐・新羅軍に大敗しました。逆に侵攻されることを怖れ、日本各地に防衛設備を築きました。太宰府防御としては、山城として大野城・基肄城を、山の間には水城(土塁と濠)を築きました。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★

1.2キロに渡って土塁が残っています。西門跡はJR水城駅から徒歩5分。東門跡は西鉄 下大利駅または都府楼前から徒歩20分弱。2017年に開館した資料館「水城館」は東門跡にあります。

 

 

城歩き

西鉄下大利駅から、「水城館」のある東門跡にむかってぶらぶら歩きました。当時の通門口は東門と西門の2ヶ所のみでしたが、現在はJR鹿児島本線九州自動車道で豪快に分断されています。

 

水城跡

f:id:castle_walk:20191027185345j:plain

幅80m・高さ9mの土塁が一直線に伸びているのはただただ圧巻。スケールが大き過ぎて、長細い山にしか見えません。当時は幅60mにもおよぶ外濠がありましたが、 鎌倉時代には既に深田になっていたようです。

 

土塁の上

f:id:castle_walk:20191027185409j:plain

土塁の上には遊歩道があったので、少し歩いてみました。土塁は2段になっていて、よじ登るのも大変そう。

 

案内板

f:id:castle_walk:20191027185430j:plain

かなり細長い案内板。詳細に説明されています。

 

 水城館側

f:id:castle_walk:20191027185520j:plain

県道574号と112号が交わる交差点に東門跡はあります。当時は都から大宰府へと向かう「山陽道」が通っていました。

 

水城館 

f:id:castle_walk:20191027185537j:plain

2017年3月にオープンした「水城館」。土塁に覆われるように建物があり、大宰府全般の史跡に関する簡単な展示や映像があります。しかも無料。

 

展望台からの眺め

f:id:castle_walk:20191027185555j:plain

近くに展望台が設けられており、少し高い位置から水城を眺められます。

 

土塁下の眺め

f:id:castle_walk:20191027185615j:plain

結構な高さがあります。これに幅広の濠があったなら、突破は用意ではなかっったでしょうね。

 

感想

知らなかったら、人工物とは思えない。古墳もそうだけど、この時代の土木技術は半端じゃないね。当時の人はさぞや大変だったろうに。

太宰府天満宮からも近いので時間があったら是非どうぞ。

 

 

佐伯城(大分県佐伯市)

佐伯城(大分県佐伯市) 2017年5月訪問

満足度:★★★★

佐伯の八幡山に残る城跡です。関ケ原合戦後に新たに築かれた山城で、世の中が平城に移りゆく中では珍しい。明治の文豪、国木田独歩は小説「春の鳥」をこの城山を舞台に書きました。

日本100名城

 

歴史

関ケ原合戦後、豊後日田から毛利高政が佐伯に入封しましたが、それまでの栂牟礼城が不便であったことから、新たに八幡山に4年がかりでに築城しました。以後幕末まで毛利氏の居城になりました。

この毛利高政の旧姓はでしたが、秀吉の中国大返しで毛利家の人質となった際、毛利輝元に気に入られ、毛利性を与えられました。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★★

JR佐伯駅から登城口まで徒歩30分。駅隣りの佐伯市観光協会で電動自転車をレンタルするのもお薦めです。

 

城歩き

佐伯城は山頂部に本丸・二ノ丸・西出丸・北出丸があり、山麓部には三の丸や藩主の居館がありました。

 

三の丸櫓門

f:id:castle_walk:20191027131844j:plain

三の丸の正門として築かれた櫓門。佐伯城唯一の現存の建物になります。後ろに見えるは佐伯文化会館(ちょっと邪魔)。

 

案内図

f:id:castle_walk:20191027131908j:plain

f:id:castle_walk:20191027131912j:plain

本丸への道は3つ。昔からの「登城の道」と後から造られた「翠明の道」と「独歩の道」。ここは最短距離の「登城の道」にチャレンジしましょう。

 

登城の道

f:id:castle_walk:20191027131938j:plain

f:id:castle_walk:20191027131954j:plain

f:id:castle_walk:20191027132010j:plain

f:id:castle_walk:20191027132023j:plain

覚悟はしていたけど結構きつい。 山道としては整備されている方だと思いますが、途中で誰にも会わず。15分程登って三の丸の石垣が見えたときは正直ホッとしました。昔の人はスゴイな。

 

二の丸入口 

f:id:castle_walk:20191027132152j:plain

f:id:castle_walk:20191027132202j:plain

本丸と二の丸の間には小橋がかかっており、一度二の丸に入ってから橋を渡って本丸に向かいます。小規模な堀切と言ったところ。

 

二の丸

f:id:castle_walk:20191027132250j:plain

f:id:castle_walk:20191027132253j:plain

北南に細長い二ノ丸。山頂の曲輪では一番の広さですが、それでも数百人は立て籠もれないかも。国木田独歩の文学碑が建てられていました。

 

本丸天守台跡

f:id:castle_walk:20191027132320j:plain

築城当時は三層天守が築かれていましたが、1617年に火災で焼失。以後再建されることはありませんでした。

 

城下の眺め

f:id:castle_walk:20191027132339j:plain

見晴らしがとにかく抜群。佐伯湾と城下を一望できます。山頂にある天守を始めとした建物と石垣は城下からもさぞや映えたでしょうね。

北の丸方面

f:id:castle_walk:20191027132355j:plain

本丸から虎口とその先の北の丸を眺めたところ。北の丸も細長い曲輪であり、若宮八幡宮に抜ける「若宮の道」があります。

 

独歩碑

f:id:castle_walk:20191027132411j:plain

下の本丸に建てられた独歩碑。国木田独歩は明治の文豪で、1893年に教師として佐伯に滞在しました。哀しい話「春の鳥」はここ佐伯城が舞台になっています。

帰りは「独歩の道」を下りましたが、とても歩きやすかったです。ウォーキングしている方も多数いて、地元に愛されている城山でした。

 

感想

麓の遺構は三の丸櫓門しかりませんが、山頂には石垣がよく残っていて楽しめました。なにより城下と佐伯湾の眺めが抜群でした。

駅から城に行く途中に、小学生から元気に挨拶されたのには少し驚きました。なんだか心がほっこりしました。いい街ですね。

 

臼杵城(大分県臼杵市)

臼杵城大分県臼杵市) 2017年5月訪問

満足度:★★★★

大友宗麟の居城だったことで有名です。街中にある城跡ですが、築城当時は丹生島に築かれた海城でした。城跡にも島の面影が所々に残っています。臼杵というと石仏が有名ですが、臼杵城も良かったですよ。

日本100名城

 

歴史

杵築川の河口に浮かぶ丹生島に城を築いたのは大友宗麟で、島津氏との戦いでは国崩し(大砲)を使い撃退しました。1593年の大友氏改易後には、福原直高、太田一吉が城主を務めましたが、関ケ原合戦後に稲葉貞通が美濃から入封し整ました。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★★★

JR臼杵駅から大手口まで歩いて10分少々。駅からはバスも出ており、辻(臼杵)停留所下車。駅からは近いのですが、臼杵までが少々遠いんですよね。

 

城歩き

縄張図

f:id:castle_walk:20191027095423j:plain

臼杵城臼杵川河口に浮かぶ丹生島に築かれました。西は橋を架して陸に通じ、東は海から舟が着けました。

 

大手口

f:id:castle_walk:20191027095531j:plain

駅からは搦手の丑寅口からの方が近いのですが、大道の大手口から登城します。ゴツゴツとした岩盤が剥き出しで、この城が島だった名残を感じます。近年だろうけど、入口の鳥居が珍しい。

 

畳櫓

f:id:castle_walk:20191027095553j:plain

入口から右に左に折れ曲がる道が印象的。畳櫓は江戸時代の遺構であり、1階と2階の面積が同じ珍しい構造です。

 

大門櫓(復元)

f:id:castle_walk:20191027095610j:plain

大門櫓下を通って二ノ丸に入ります。ちなみに大友氏時代にはこの門はなく、 更に大回りするルートだったとのこと。後の稲葉氏が大手門と今橋口を新設したのも分かるな。

 

本丸と二ノ丸間の空堀

f:id:castle_walk:20191027095628j:plain

本丸と二ノ丸は土橋で繋がっており、空堀で区切られています。

 

本丸天守

f:id:castle_walk:20200108052857j:plain

臼杵城は本丸が二の丸より低い位置にあり、大友氏時代には現在の二の丸が本丸でした。本丸と二の丸が入れ替わったって面白いね。
 

井戸丸と丑寅門脇櫓

f:id:castle_walk:20191027095915j:plain

f:id:castle_walk:20191027095918j:plain

城の東端の井戸丸には船着場があり、搦手口にあたる丑寅口がありました。丑寅門脇櫓はその監視用ですな。現在は地続きになっています。

 

感想

昔は島だったというのがスゴイよね。大手口からの曲がりくねり具合は異常なくらいで、かなり攻めにくかったと思います。臼杵というと石仏が有名ですが、街中でアクセスしやすい城なのでぜひどうぞ。