石垣好きの城歩き

石垣好きの城歩き

城好きが公共交通機関と気合で城を巡ります

米子城(鳥取県米子市) 2019年11月 登城

中海に面した湊山とその麓に築かれた米子城。往時には山頂にツイン天守がそびえ立っていましたが、廃城後に薪代わりに燃やされたという悲しい話が伝わっています。近年改めて調査と整備が進み、登り石垣や竪堀が発見されました。今後要注目の城です。

日本100名城

満足度:★★★★★

 

歴史

米子城伯耆の拠点として、1591年に毛利家の重鎮吉川広家によって工事着工されましたが、関ケ原の合戦後に広家は岩国に改易になりました。この時点で7割方完成しており、4重天守が建っていました。

吉川広家に代わって、駿府から中村一忠伯耆18万石で入封しました。この時まだ11歳であり、徳川家康の命で叔父の横田内膳村詮が執政家老として、米子城を完成させました。このとき5重天守も建てられました。

このように辣腕を振るった村詮ですが、1603年に安井清一郎や天野宗杷らの対立する家臣と一忠に謀殺され、横田一族が飯山に立て籠もるという事件が起きます(横田事件)。松江藩の助力を得て鎮圧しましたが、家康の命により安井ら側近は処罰され、1609年に20歳という若さで一忠が急死して中村家は断絶しました。

1610年に美濃黒野から加藤貞泰が米子6万石で入封しました。伯耆18万石は分断されちゃった訳ですね。

1617年に加藤貞泰伊予国大洲に転封し、池田光政因幡伯耆32万国を領しました。光政は鳥取城に入ったため、米子城には重臣の池田由之が入り、その後は家老の荒尾家が城を預かりました。一国一城令の特例となります。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★★★

JR米子駅から登城口まで15分。そこから山頂の本丸まで15分くらい(個人差あり)。米子空港利用の人は米子駅までは行き易いです。ただ、山道の上りはありますが・・・

 

城歩き

この日の天気はとても不安定で、晴れたと思ったら突然雨が降ったりと大変でした。

 

米子城縄張り

f:id:castle_walk:20191231022715j:plain

中海に面した湊山山頂に本丸と内膳丸があり、麓に二の丸と三の丸がありました。現在二の丸にはテニス場、三の丸には野球場があり、三の丸・飯山を囲んでいた内堀は完全に埋め立てられ、武家屋敷を囲んでいた外堀もわずかにしか残っていません。

 

枡形入口

f:id:castle_walk:20191231030121j:plain

湊山と飯山の間にある枡形から本丸に向かいます。当時もこの入口には門は構えられていませんでした。

 

二の丸表門跡 

f:id:castle_walk:20191231032006j:plain

二の丸の入口であり、冠木門と二重櫓を配していました。枡形の広さといい、表門の石垣といい、非常に立派です。松江城の大手門入口を思い浮かべました。

 

小原家長屋門(移築)

f:id:castle_walk:20191231040627j:plain

外郭にあった武家屋敷の小原家長屋門が移築されていました。ちなみに門の先はテニスコートで行き止まりです(笑)

 

麓の道

f:id:castle_walk:20191231041113j:plain

このテニスコートのある場所が二の丸で、かつて御殿や武器庫がありました。色々事情はあるのでしょうが、なぜここにテニスコートを作ったのか・・・

  

登り口

f:id:castle_walk:20191231044712j:plain

ここが二の丸からの登り口です。逆光ですが、上方に本丸石垣が見えますね。ああ、あそこまで登るのか・・・

 

登山道

f:id:castle_walk:20191231050332j:plain

楽とまでは言わないけど、石段がきちんと整備されていて登りやすい。

案内板

f:id:castle_walk:20191231050646j:plain

運命の分かれ道。まずは出丸の内膳丸を目指しましょうか。

 

内膳丸入口

f:id:castle_walk:20191231050825j:plain

湊山には2つの頂があって、内膳丸は北の頂に築かれました。

 

内膳丸

f:id:castle_walk:20191231051109j:plain

f:id:castle_walk:20191231051144j:plain

内膳丸は本丸の北に位置し、出丸の役割を果たしました。郭内は結構広く、手前の下段と奥の上段に分かれています。多分誰も利用しないだろう(失礼!)休憩場がありました。内膳丸の名の由来は、この郭を築いたとされる家老の横田内膳正村詮の名から。源五郎丸みたいなものか?(いや違う)

 

登り石垣

f:id:castle_walk:20191231052610j:plain

f:id:castle_walk:20191231052633j:plain

内膳丸から分岐点に戻る途中に見かけた登り石垣。江戸時代の絵図にも描かれていましたが、2017年に存在が確認されました。登り石垣とは、山の斜面に縦方向に石垣を築くことにより、敵の横移動を阻害する石垣です。秀吉の朝鮮出兵時の倭城に導入され、国内では彦根城松山城等の数例しかありません。そう言えば、米子城を築城した吉川広家も朝鮮に出兵していました。

 

石段と番所

f:id:castle_walk:20200105102237j:plain

f:id:castle_walk:20200105100834j:plain

本丸に向かって更に上っていくと、突如現れる石垣。往時には番所があり、本丸の出入りを見張っていました。

番所跡からの竪堀

f:id:castle_walk:20200118053826j:plain

番所跡からは竪堀を見下ろすことが出来ます。竪堀は斜面を登るように掘られた空堀で、敵兵の横移動を遮断するのを目的とします。先の登り石垣と対になり、麓の二の丸をハの字の防御線で守っていたと考えられています。2017年度の調査で見つかりました。

 

4段石垣

f:id:castle_walk:20200105102321j:plain

番所跡からの4段石垣。奥に見えるのが大天守台。山頂にこんな石垣があるなんて信じられません。これだけみたら、まるでどこかの古代遺跡みたい。

 

天守台石垣

f:id:castle_walk:20200105190114j:plain

f:id:castle_walk:20200105190127j:plain

更に進むと圧巻の小天守台石垣。ここには吉川広家によって4階の天守が建てられていました。天守台の石垣がなんだか新しいのは、幕末に豪商鹿島家の負担で積み直しされたため。

 

鉄御門跡 

f:id:castle_walk:20200105191615j:plain

本丸入口は枡形になっており、鉄板が貼られた門が建っていました。これまた山頂にあるとは思えない立派な石垣です。

 

天守

f:id:castle_walk:20200105215817j:plain

中村一忠(実務は家老の横田村詮)によって、この天守台には4重5階の大天守が建てられていました。大天守と小天守は連結しておらず、互いに独立していました。わざわざ別に天守を建てたのは、吉川家の後に入った中村家の見栄と意地なのか?

 

中海方面

f:id:castle_walk:20200105212225j:plain

米子城は南西が中海に面しており、麓には船着き場もありました。先の登り石垣は海側からの防御用に築かれており、海を重視した縄張りでした。

 

飯山

f:id:castle_walk:20200105215747j:plain

この飯山も采女丸(うねめまる)として縄張りに組み込んでいました。横田事件の際には横田一族が立て篭もったとされています。

天守

f:id:castle_walk:20200111111335j:plain

天守と小天守は独立して建っていました。よく見るときちんとした正方形になっていないのは、もとが古い時代に積まれた石垣だから。

 

水手御門下郭の位置

f:id:castle_walk:20200118044942j:plain

2015年度の調査で水手御門の下に郭が発見されました(案内図の赤丸部分)。ちょっと覗いてみてみましょう。

 

水手御門跡

f:id:castle_walk:20200118050043j:plain

水手御門は海方面に抜ける搦手口にあたります。この石垣はかなり荒々しくて素敵。ただし、立入禁止のテープあり。

 

水手御門下郭

f:id:castle_walk:20200118050419j:plain

f:id:castle_walk:20200118050422j:plain

尾根に並行して築かれた上下二段の郭です。石垣はかなり崩れており、築城初期の段階で放棄されたと推測されています。2015年度の調査で見つかりました。

 

八幡台郭の位置

f:id:castle_walk:20200118070822j:plain

2015年度の調査で本丸の南に郭が発見されました(案内図の赤丸部分)。ちょっと寄り道しましょう。

鉄御門と小天守

f:id:castle_walk:20200118071127j:plain

本丸から南に向かって下ります。

八幡台郭

f:id:castle_walk:20200118145158j:plain

築城時に築かれた郭であり、2015年度の調査では、野面積の石垣や幕末の小天守改修工事の際の切石やかけらが見つかりました。

 

裏御門跡

f:id:castle_walk:20200118212340j:plain

f:id:castle_walk:20200118213402j:plain

帰りは裏御門跡から出ました。駐車場があるので、車の方はこちらからの登城になります。二の丸の石垣も見えますが野球場があるので近寄れません。残念。


感想

見応えのある城でした。本丸の石垣が見事で、天守台からの眺めが本当に素晴らしい。米子市もやる気を見せていて、登り石垣や竪堀の遺構も発見されました。惜しむらくは、現地にもう少し案内板があった方が親切かと思います。

日本100名城でもおかしくない城です。

 

二条城(京都府京都市) 2019年10月 登城

徳川幕府終焉の大政奉還の舞台になった二条城。国宝の二の丸御殿は当然として、他にも見どころも沢山ありました。天守台があるって知ってました?

日本100名城

満足度:★★★★★ 

 

歴史

1601年、徳川家康は上洛した際の宿泊にあてるため、西国諸大名に京都二条への築城を命じました。1603年2月に家康は伏見城にて征夷大将軍の宣下を受け、翌3月には竣工間もない二条城から天皇のもとに参内しました。ただこの時点では、現在の二の丸部分のみの単郭式の城郭でした。

1619年、2代将軍秀忠の娘和子の入内が決まり、大規模な増築工事が行われました。翌1620年に和子は二条城から後水尾天皇に輿入れしました。

1626年には3代将軍家光が後水尾天皇行幸を迎えるために大改修を行い、本丸を二の丸が囲む現在の縄張りが完成しました。

家光の上洛後、久しく将軍の訪れることのなかった二条城ですが、幕末の動乱時には14代将軍家茂が230年振りに上洛しました。そして、1867年には15代将軍慶喜が二の丸御殿大広間に重臣を集めて大政奉還の意思を表明し、徳川幕府265年間の歴史に幕が閉じました。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★★★

光都市京都にある二条城はアクセス抜群ですが、バスか地下鉄を利用するのが個人的にお勧めです。二条城の入口は一箇所しかないので、JRだと駅から大回りになってしまいます。

・京都駅から市バス「1上賀茂神社行き」「50立命館大学行き」「101金閣寺行き」「111金閣寺行き」に乗車し、二条城前下車。約15分。

地下鉄東西線「二条城前」駅下車。1番出口から徒歩3分。

・JR「二条」駅下車後、徒歩15分。ちょい遠い。

 

城歩き

地下鉄の二条城前駅から歩いて東大手門に向かいました。北大手門と西門もありますが、現在入城出来るのは東大手門のみとなります。

 

東南隅櫓

二条城 東南隅櫓

地下鉄から向かうと一階屋根に千鳥破風の付いた東南隅櫓がお出迎え。この城に2つ残った櫓の一つです。

 

東大手

二条城 東大手門

豪華絢爛で威圧感のある東大手門。現在の姿の櫓門は1662年の地震後に建て替えられたものになります。もともと家康の築城時は櫓門でしたが、後水尾天皇行幸の際に櫓門の2階が失礼にあたると云う理由で薬医門に建て替えられ、再び櫓門に戻されました。外観は立派だけど苦労しているんですね(笑)

 

縄張図

二条城 縄張図

本丸が二の丸で囲まれた輪郭式の縄張りで、南北がほぼ対称になっています。東大手門から唐門を通って二の丸御殿に向かうのが標準的なルートです。

 

唐門 

二条城 唐門

二条城 唐門

二の丸御殿の正門にあたる唐門。唐破風や極彩色の彫刻が日光東照宮を思わせます。徳川の城なのに葵の紋ではないのは、明治維新後に二条離宮になったから。菊は皇室の紋ですもんね。

 

二の丸御殿

二条城 二の丸御殿

国宝の二の丸御殿。残念ながら撮影禁止ですが、華麗な障壁画と欄間の彫刻に目を奪われました。一の間・二の間では、ここが大政奉還の舞台になったのかと、思わずジーンときました。ただ、メチャクチャ混んでいて、鶯張りの音がよく分からなかったのが残念。

 

本丸櫓門

二条城 本丸櫓門

不細工な櫓門だと思ったら(失礼!)、かつては橋廊下と二階廊下がありました。橋廊下は1687年に撤去されましたが、二階廊下は1930年(昭和5年)まで残っていたそうです。残念。

 

天守

二条城 天守台

二条城 天守台

天守台は本丸の南西部にあり、伏見城から移築改造された天守が建っていましたが、1750年の落雷で焼失しました。今は天守台が残るのみ。

本丸西出口

二条城 本丸西出口

本丸西出口はクランク状の虎口になっており、厳重に防御されています。

 

天守

二条城 天守台

西橋からの天守台。二条城は本丸を囲む内堀のほうが外堀より広いんだよね。

 

旧二条城石垣

旧二条城石垣

1569年に織田信長が 築いた城の石垣が移築されています。地下鉄烏丸線建設の事前調査の際に京都御苑の西で発掘されました。

 

土蔵南

二条城 土蔵南

米を収納する土蔵です。二条城には3棟の土蔵が残っており、この土蔵は北の土蔵と対になっています。 ただ、付け根の漆喰が剥がれ落ちかけてて大丈夫かな。

 

北中仕切門

二条城 北中仕切門

1625~1626年頃に建てられた、二の丸を東西を分ける門になります。本丸を挟んだ反対側には、南中仕切門が設けられています。 

 

 

この後、東大手門から外に出て、二の丸の堀沿いを反時計回りに歩いてみました。なるほど、東大手門周辺以外は石垣の上に土塁が盛られているんですね。

 

北大手門

二条城 北大手門

東大手門より渡り櫓が少し小さい北大手門。現在は通行出来ないので、残念ながら地味な存在です。

 

散策路

二条城散策路

北西には散策路もありました。間近に堀と石垣を眺めることが出来ます。「ほら貝演奏禁止」の注意書きには驚きました。

 

西門

二条城 西門

1626年頃に建てられて、通用口として使われていました。当時架かっていた木橋は明治に失われました。 徳川慶喜大坂城へ移動する際、この西門から出ていったそうです。寂しいね。

 

西南隅櫓

二条城 西南隅櫓

1626年頃に建てられた隅櫓です。この櫓には一階屋根に唐破風が付いていますね。

 

南門

二条城 南門

これも江戸時代に建てられたのかと思ったら、1915年(大正4年)の大正大礼の際に天皇の入口として造られました。

 

感想

やはり歴史の重みを感じさせてくれる国宝の二の丸御殿はすごい(撮影禁止だけど)。ただ、天守台や大手門もしっかり残っていて、意外と重要文化財の建物が残っています。城好きとしても十分堪能出来ました。

 

松坂城(三重県松阪市) 2019年6月 登城

松阪牛で有名な松阪にある松坂城。戦国武将の蒲生氏郷によって築かれたその城は、野面積みが主体の豪壮な石垣が特徴です。天守等の建物はありませんが、石垣好きはぜひ訪問してみてください。

日本100名城

満足度:★★★★★ 

 

歴史

1584年に豊臣秀吉から南伊勢を賜った蒲生氏郷は松ヶ島城に入りますが、海岸寄りで手狭なことから、四五百森(よいほのもり)に新しく築城を開始しました。

1588年に氏郷は完成した城に移り、城下の地名を「松坂」と改めました。城下町を整備するとともに、伊勢大湊や旧領地の日野から有力な商人を誘致したことから、のちに豪商の町と云われる松阪の礎を築きました。三井家発祥の地でもあります。

1590年に氏郷は会津に転封し、代わりに服部一忠が入封するも豊臣秀次事件に連座して切腹、1595年に古田重勝が入封しました。

1619年に古田家は石見に転封し、以後紀州藩領となり、城代が置かれました。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★★★

JR・近鉄松阪駅から徒歩15分。のんびり歩いて行ける距離です。駅前にはタクシーもあるので、大人数だと便利です。

 

城歩き

松坂城縄張り

f:id:castle_walk:20191229093243j:plain

天守を置く本丸上段、一段下に本丸下段ときたい丸があり、南西に二の丸と隠居丸が築かれています。更に丘陵を囲むように三の丸と土塁や堀が築かれていましたが、現在はほとんど残っていません。それは少し残念。

 

表門跡

f:id:castle_walk:20191229094346j:plain

大手筋が当たる表門入口は枡形になっており、この高石垣に圧倒されますね。 

 

二の丸方面

f:id:castle_walk:20191229101539j:plain

表門を抜けると本丸下段の石垣に突き当たり、左に曲がると二の丸に出ます。

 

本丸下段方面

f:id:castle_walk:20191229101748j:plain

右に曲がると本丸下段への道となります。写真正面に見えるのは松阪市歴史民俗資料館です。

 

きたい丸石垣

f:id:castle_walk:20191229105615j:plain

野面積みのきたい丸高石垣。こっち方面を進んでも本丸には入れません。きたい丸の由来は、3人目城主の古田重勝の息子の幼名「稀代丸」から。

 

助左衛門御門(表二の門)跡 

f:id:castle_walk:20191229102304j:plain

本丸下段ときたい丸への入り口の助左衛門御門跡。右に鐘ノ櫓、左に遠見櫓が睨みを利かす堅固な構えです。

 

本丸上段

f:id:castle_walk:20191229105237j:plain

本丸下段から上段への石段です。奥にも上段へのルートがあり、わざわざここに入口を築いた理由が分かりません。本丸上下を行き来する藩主専用だったのかも。

 

本丸上段と天守

f:id:castle_walk:20191229120946j:plain

天守台以外は平坦な本丸。実は兵部屋敷跡がありましたが、戦後昭和に配水池が設けられたため、屋敷の遺構は消滅しました(配水池は平成に撤去)。

北西と南東に敵見櫓と金の間櫓があり、かつては多門櫓でぐるっと繋がっていました。金の間櫓にはなんと金箔を貼った黄金の間があったそうで...、すごい。

 

天守台上

f:id:castle_walk:20191229124557j:plain

かつては3重天守と付櫓が建っていましたが、1644年台風で倒壊し、その後再建されませんでした。現在はきたい丸への石段がありますが、当時は天守台への直接の階段は無かったようです。 

 

きたい丸からの本丸石垣

f:id:castle_walk:20191230014452j:plain

松坂城の石垣は野面積みが特徴ですが、江戸時代に修復された箇所も多く、この隅部の算木積み箇所は明らかに新しいですね。
NHKの城の石垣保全の特集をたまたま見た際、松阪市松坂城のすべての石垣について状態を調べて管理していると知り、大変だなと感じたことを思い出しました。

 

きたい丸石垣

f:id:castle_walk:20191230080241j:plain

隅櫓跡からの眺めです。石垣には無粋な(?)柵等はありませんので、際から下を眺めることが出来ます。高所恐怖症の方は注意!

 

中御門(裏二の門)跡

f:id:castle_walk:20191230081136j:plain

本丸から中御門跡を通って裏門へと下ります。本丸を守る門だけあって、堅固な枡形が築かれています。

 

裏門跡

f:id:castle_walk:20191230093913j:plain

裏門も枡形になっており、天守までに枡形が4度も続くという搦手とは思えない厳重さです。松坂城はつくづく戦のための城だったんですね。

感想

野面積みの石垣がとにかく凄かったです。石垣の保存修理工事を15年かけて実施するなど、市の努力には頭が下がります。次は隠居丸にある本居宣長旧宅もぜひ見学したいです。

 

田丸城(三重県度会郡) 2019年6月 登城

かつて伊勢神宮の宿場町として賑わった玉城町には、南北朝時代に築かれた田丸城がありました。大手門から本丸までにいくつもの虎口が残っています。現在三の丸には中学校があり、部活中の学生が元気に挨拶してくれました。

日本100名城

満足度:★★★★ 

 

歴史

南北朝時代南朝軍の拠点として北畠親房に築かれたのが始まりです。

田丸城が近代的な城郭になるのは、織田信長による伊勢攻めの際、次男信雄を北畠氏の養子にして伊勢支配を任せたときです。このとき3重の天守が建てられましたが、1580年に焼失し、信雄は松ヶ島城に移りました。

その後、稲葉道通が入城し、改修するも亡くなりました。江戸時代には紀州藩支配となり、付家老久野氏が城主を務めました。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★★

JR参宮線の田丸駅から徒歩6分ほど。ただ、電車の本数が少ないので注意してください。

 

城歩き

大手門跡

f:id:castle_walk:20191228142814j:plain

f:id:castle_walk:20191228161425j:plain

田丸駅から途中堀沿いの道を歩いて大手門跡に着きました。現在は正面の石垣が撤去され、直線の道路になっています。

 

田丸城の模型

f:id:castle_walk:20191228142846j:plain

大手門先にある村山龍平記念館に展示されていた田丸城の模型。丘の頂部に二の丸・本丸・北の丸が直線上に並び、一段低いところに三の丸、そして丘の周りを堀が囲んでいるのが分かります。ちなみに続100名城のスタンプもこの記念館にありました。

 

二の門跡

f:id:castle_walk:20191228162221j:plain

二の門跡は左折れの喰違虎口になっています。現在三の丸には中学校が建っているので、学校をぐるっと廻りながら坂道を上っていきます。

富士見門(移築)

f:id:castle_walk:20191228164140j:plain

富士見門は三の丸から二の丸富士見台に向かう門でした。明治初年に入札で私邸に払い下げられたものを1984年(昭和59年)に現在地に移築復元されました。

 

山頂部の虎口

f:id:castle_walk:20191228165049j:plain

大手門,二の門に続いて、また虎口。奥に見えるのは本丸と天守台。

 

本丸石垣

f:id:castle_walk:20191228170448j:plain

本丸と北の丸の間に出ました。左折して本丸に向かいます。

 

本丸虎口

f:id:castle_walk:20191228170701j:plain

正真正銘、やっと最後の虎口です。本丸にはこの虎口からと二の丸からの入口がありました。

 

天守台 

f:id:castle_walk:20191228171537j:plain

ぽつんと残る天守台。田丸城にはかつて3重の天守が建てられていました。今残る天守台は稲葉道通が築いたと考えられています。

 

天守台からの眺め

f:id:castle_walk:20191228172732j:plain

丘陵の天守台からなので見晴らしが抜群。 一面に広がる空と山と田んぼ。城の南から西にかけて鉄道が通っています。

 

二の丸

f:id:castle_walk:20191228174113j:plain

本丸南には二の丸があるので、折角ですから向かってみましょうか。

 

本丸と二の丸間の空堀

f:id:castle_walk:20191228173953j:plain

本丸と二の丸は土橋で繋がっています。本丸との間には広い空堀あり。

 

搦手道 

f:id:castle_walk:20191228175755j:plain

二の丸からは城下南に抜ける搦手道がありました。

 

本丸石垣と空堀

f:id:castle_walk:20191228180732j:plain

先程の空堀は本丸下の帯曲輪に繋がっています。帯曲輪に降りて、本丸を下から見上げてみましょう。

 

本丸石垣 

f:id:castle_walk:20191228181123j:plain

f:id:castle_walk:20191228181140j:plain

f:id:castle_walk:20191228181833j:plain

田丸城の石垣はほとんどが野面積みです。転用石(石塔等の流用)もありました。ごつごつした自然石ばかりの中で少し浮いてますね(笑)。

北の丸

f:id:castle_walk:20191228184835j:plain

最後に本丸北にある北の丸。稲荷神社が祀られていました。郭がぐるっと土塁に囲まれているのがわかるかな?

 

感想

あまり有名ではない城ですが(失礼)、野面積みの石垣の見応えがありました。城を整備している努力が感じられ、とても見学しやすかったです。そう言えば、大手門から本丸まで階段がなく、良くも悪くもバリアフリーになっていました。

伊勢神宮にもほど近く、続日本100名城にも選ばれたことから、観光客が増えたらいいですね。応援しています。

 

仙台城(宮城県仙台市) 2019年1月 登城

かの「独眼流」伊達政宗の居城だった仙台城関ケ原の合戦後に築かれた城は意外にも山城で、特に東と南は断崖絶壁。完全に戦闘向きの城でした。麓から歩いて疲れたよ~

日本100名城

満足度:★★★★ 

 

歴史

関ケ原の合戦後、政宗は千代(仙台)に築城を開始し、1603年に岩出山城大崎市)から移りました。仙台城青葉山の上に造られ、南は竜の口渓谷、東は広瀬川によって守られた要害でした。ちなみに政宗は1628年に平地に仙台屋敷(若林城)を築き、晩年を過ごしました。山城は不便だしね。

1638年に2代目忠宗は麓に二の丸を築き、以後政務の中心は二の丸になりました。現在は東北大の川内キャンパスになっていますね。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★★★

・JR仙台駅から観光シティループバス「るーぷる仙台」で22分、「仙台城跡」で下車。ぐるっと一周するので、「仙台城跡」から仙台駅へは48分かかります。時間によってはギューギューです。

地下鉄東西線の国際センター駅から本丸入口(詰の門)まで徒歩15分。途中から坂道で、他に歩いてる人はあまり見かけません(車は普通に通ってます)。

 

城歩き

案内図

f:id:castle_walk:20191215073400j:plain

地下鉄東西線の国際センター駅から大手門ルートで城にむかいました。

 

大手門跡

f:id:castle_walk:20191215062805j:plain

この広い道路を塞ぐように2階建ての櫓門が建っていましたが、1945年の仙台空襲で焼け落ちました。残念。

 

大手門脇櫓(復元)と門北側の土塀

f:id:castle_walk:20191215065201j:plain

f:id:castle_walk:20191215065842j:plain

大手門脇櫓も空襲で焼失しましたが、1967年(昭和42年)に復元されました。土塀は焼失を逃れ、仙台城で唯一の建築物です。狭間が無いんだな。

 

中門跡

f:id:castle_walk:20191215071318j:plain

坂道の途中にある中門跡。道路が大きく湾曲したところに、2階建ての櫓門が建っていました。
 

 

本丸北壁の高石垣

f:id:castle_walk:20191215081902j:plain

f:id:castle_walk:20191215081912j:plain

f:id:castle_walk:20191215114411j:plain

天然の要害を利用した仙台城において、圧倒的な存在の高石垣。全く隙間なく積まれており、角の部分は特にソリッドさを感じます。本当にこの石垣は凄い。

イメージ図

f:id:castle_walk:20191215115705j:plain

詰門から本丸に入ります。イメージ図を観ると、仙台城の堅城さが改めて理解できます。二の丸が三の丸より遠いのが、少し不思議に感じられますね。

 

本丸広場と大広間跡

f:id:castle_walk:20191216071021j:plain

f:id:castle_walk:20191216071029j:plain

本丸が本当に広い。大広間は約430畳の広さだったとのこと。あまりに広すぎて、「何も無い?」という観光客の声もちらほら。


 

伊達政宗

f:id:castle_walk:20191216072340j:plain

観光客の9割以上が写真を撮っている伊達政宗像。兜の三日月がとても格好いい!

実はこの像は2代目とのことで、初代は麓の仙台市博物館の庭にあるそうです。残念、見そびれた。

 

土井晩翠

f:id:castle_walk:20191216215818j:plain

土井晩翠は仙台出身の詩人・英文学者です。「荒城の月」の作詞者で、仙台城はそのモデルと言われています。

 

石垣下の眺め

f:id:castle_walk:20191216230113j:plain

f:id:castle_walk:20191216230131j:plain

見晴らし抜群。仙台は都会だな。上から見ると、改めて本丸が高い位置にあることを実感します。高所恐怖症の人は無理。

 

巽櫓跡

f:id:castle_walk:20191216230908j:plain

本丸をグルッとしてみました。巽櫓は南東部に建てられた三重櫓でしたが、1646年の地震で倒壊しました。実は仙台城って、結構地震の被害を受けています。

 

埋門跡

f:id:castle_walk:20191217221142j:plain

ただの山道に見えますが、瓦葺・平屋建ての門が建っていました。外部からは左に曲がって右に曲がる必要があり、防御性の高い構造になっていました。

 

切通

f:id:castle_walk:20191217223119j:plain

本丸外部沿いの道路を歩いてみました。谷を削った切通を道路が続いていきます。この道路は歩道が無く、車とすれ違うたびにヒヤヒヤしました。危険危険。

 

酉門跡

f:id:castle_walk:20191217232809j:plain

酉門は本丸西側にありました。巽櫓と同じく1646年の地震で倒壊したと考えられています。どんなに大きな地震やねん。



沢門跡

f:id:castle_walk:20191217234533j:plain

どんどん下っていきます。このまま下ると大手門跡に至るので、途中の沢門跡で三の丸方面への道に入ってみました。

 

三の丸への道

f:id:castle_walk:20191217234703j:plain

道は側面攻撃できるように大きく屈曲しています。ただ、冬の夕暮時は人も車も通らず、少し寂しい。

 

清水門跡

f:id:castle_walk:20191221041121j:plain

三の丸への途中にあった清水門跡。2階建ての櫓門が建っていたらしい。名称の由来は、門近辺に御用酒造りに使われた清水が湧いていたことから。

 

造酒屋敷跡

f:id:castle_walk:20191221042039j:plain

城内の醸造場所とされる造酒屋敷跡です。城内で酒造りって、どんだけ酒好きやねん(笑)。ちなみに伊達政宗は酒癖が悪かったらしいです。

 

巽門跡出入口

f:id:castle_walk:20191221045557j:plain

三の丸の南側には2階建ての門がありました。巽門を通って沢門を抜けるこのルートが築城当初の登城路だったと考えられています。

 

子門(ねのもん)跡

f:id:castle_walk:20191221060313j:plain

三の丸北側の子門跡です。かつて2階建ての門がありました。

五色沼

f:id:castle_walk:20191221083039j:plain

子門跡を出て左にある五色沼。もちろん当時は堀の役割を果たしていました。

明治時代に第二高等学校生がドイツ語講師ウィルヘルからスケートの指導を受け、その後普及に努めたことから、「日本フィギュアスケート発祥の地」と言われています。そう言えば、メダリストの羽生結弦選手や荒川静香選手は仙台出身でした。
 

感想

関ケ原合戦後に築かれたのにも関わらず、仙台城って山城だったんですよね。独眼竜政宗の野望を感じさせてくれました。石垣好きは本丸北壁の高石垣は必見ですぞ。

 

グルメ

f:id:castle_walk:20200503145435j:plain

牛タン専門店の司の牛タン。肉厚でサクッとした歯応え。ジューシーで脂が乗っていてうまい!