石垣好きの城歩き

石垣好きの城歩き

素人の城好きが気合で城を巡ります。

勝連城(沖縄県うるま市)

勝連城(沖縄県うるま市) 2018年12月訪問

満足度:★★★★

反逆の阿麻和利(あまわり)の居城として有名です。細長い縄張で、一の曲輪がある北西側が整備されています。丘の上の城はまるで神殿のようであり、見晴らしが最高です。

続100名城

 

歴史

12~13世紀頃に築城されましたが、歴史の舞台に出てくるのは阿麻和利の居城になってからです。

15世紀に現れた阿麻和利は勝連城主の茂知附按司を倒し、10代目城主となりました。阿麻和利は貿易で国力を付け、1458年にライバルの護佐丸を倒し、王都首里を攻めましたが破れ、勝連城にて滅亡しました。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★★★

那覇バスターミナルから、沖縄バス [52番]与勝線に乗って、「勝連城跡前」下車。だいたい1時間30~40分かかります。本数が1時間に1,2本あり、城がバス停近くなのがせめてもの救いか・・・

 

城歩き

勝連城図

f:id:castle_walk:20191202223852j:plain

f:id:castle_walk:20191202230842j:plain

勝連城は北西から南東に細長い縄張で、間の凹んだ四の曲輪には西原御門と南風原御門がありました。西原御門跡から城跡に入ります。

 

防御田地

f:id:castle_walk:20191203071633j:plain

西原御門跡前には芝生が貼られていますが、昔は底なし沼と言われるほどの湿地帯だったとのこと。

四の曲輪の石垣

f:id:castle_walk:20191203072149j:plain

f:id:castle_walk:20191204181711j:plain

万里の長城のように伸びる石垣。一の曲輪の方はともかく、東の曲輪の方は森が茂っていてちょっと行けそうにないね。西原御門跡は分かりませんでした。(発掘中?)

 

北西の一の曲輪方面

f:id:castle_walk:20191204182549j:plain

まさに丘の上の天空の城。ぐるっと右に旋回しながら上っていくので、渦巻状の城に見えます。

 

ウタミシガー

f:id:castle_walk:20191204182924j:plain

「ガー」は泉のことざんす。「ウタミシ」は「お試し」を意味していて、旧暦元旦の初拝みの際に水の量で吉凶を占った泉とのことです。勝連城にはこのような泉や井戸が多く、籠城もバッチコイってわけですな。

 

三の曲輪の入り口

f:id:castle_walk:20191204183534j:plain

ぐるっと右曲がりの階段を登ると辿り着くのは三の曲輪の入り口。昔は四脚門(薬医門)が建っていました。

 

三の曲輪

f:id:castle_walk:20191204194031j:plain

三の曲輪には広場が広がっていました。意外にも建物は建っていなかったようです。

三の曲輪の石垣

f:id:castle_walk:20191204200200j:plain

石垣の向こうは険しい斜面で、こちらから攻めるのは難しそう。防御力の高い曲輪です。

 

二の曲輪

f:id:castle_walk:20191204201508j:plain

三の曲輪から少し高い段にあります。かつては正面17m、奥行き14.5mの正殿に相当する建物がありました。目の前には三の曲輪の広場があり、二と三で一つの曲輪と見てもいいかも。

 

ウミチムン(火の神)

f:id:castle_walk:20191204205341j:plain

ここでは火の神が祀られていました。こういうのが沖縄らしいな。

 

ウシヌジガマ

f:id:castle_walk:20191204205925j:plain

この洞穴は一の曲輪の洞穴と繋がっており、阿麻和利はここから脱出したとの伝説があります。まあ太めの人は無理かな(笑)

 

一の曲輪を望む

f:id:castle_walk:20191205030946j:plain

一の曲輪は一段と高いところにあります。石段は右に旋回しながら城壁沿いに続いています。勝連城は右曲がりの美学だな。


一の曲輪

f:id:castle_walk:20191206195117j:plain

この城で一番高いところにある一の曲輪。広さはそれほどないけど見晴らし抜群。

 

中城方面

f:id:castle_walk:20191206200954j:plain

湾を挟んで中城城の護佐丸と牽制し合ったのでしょう。曇り空で私の目では中城城は分かりませんでした。


感想

とにかく城跡からの見晴らしが抜群でした。渦を巻いたような城壁もメッチャ格好いい。ここから首里に攻め上がった阿麻和利の気分に浸るのも悪くなかったです。中城城とせっとでぜひどうぞ。