石垣好きの城歩き

石垣好きの城歩き

素人の城好きが気合で城を巡ります。

金沢城(石川県金沢市)

金沢城(石川県金沢市) 2017年1月訪問

満足度:★★★★★

言わずも知れた加賀百万石の前田家の居城です。戦後は金沢大学のキャンパスが置かれたため、兼六園に比べてマイナーな存在でした(石川門以外)。ただ、大学移転後から、城内の整備が次々に進められ、見所が沢山です。今回は超マニアックに石垣巡りをしてみました。

日本100名城

 

歴史

加賀一向一揆の拠点だった金沢御堂を改修して、1580年に佐久間盛政が入城しました。1583年の賤ヶ岳合戦の後、破れた佐久間盛政に替わり前田利家が入城し、約280年余りにわたって前田家の居城となった。歴史凄いな。

 

交通アクセス

行きやすさ:★★★★

JR金沢駅から徒歩30分程ですが、バスがバンバン出ていますので利用しましょう。金沢駅から10分ほど、兼六園下下車です。 

 

城歩き

石川門と石川櫓

f:id:castle_walk:20191026184408j:plain

f:id:castle_walk:20191026184405j:plain

金沢と言ったら、兼六園と石川門が人気のスポット。海鼠壁と唐破風付出格子が金沢城の特徴です。

 

石垣巡りの案内看板  

f:id:castle_walk:20191026185526j:plain

城内でいきなりこんな案内看板がありました。これは私に対する挑戦と受け取っていいのだな。それにしても、石川県も分かってるやん。 

 

①石川門石垣

f:id:castle_walk:20191026185614j:plain

f:id:castle_walk:20191026185619j:plain
左側が打込接ぎ(粗加工石積み)、右側が切込接ぎで明らかに積み方が違いますね(右側が改修時)。説明板に「左右違い分けて積むのはおかしい」と載っていますが、違うやん!

 

②内堀石垣(鶴ノ丸付近)

f:id:castle_walk:20191026185652j:plain

f:id:castle_walk:20191026185657j:plain

1999~2000年(平成11~12年)に復元されたとのこと。先にも書きましたが、平成に入ってからの金沢城の整備は気合が入っています。

 

③菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓石垣

f:id:castle_walk:20191026185729j:plain

f:id:castle_walk:20191026185732j:plain

f:id:castle_walk:20191026185734j:plain

こちらも平成に復元されました。平石は粗加工石積みですが、隅石は切石を算木積みしています。

 

④二ノ丸北面石垣

f:id:castle_walk:20191026185800j:plain

f:id:castle_walk:20191026185805j:plain

「城内でも指折りの石垣」というだけあって、きれいに積まれた石垣です。苔生したところも古城ぽくていい。

 

⑤土橋門石垣

f:id:castle_walk:20191026185840j:plain

f:id:castle_walk:20191026185834j:plain

f:id:castle_walk:20191026185837j:plain

土橋門の石垣は切込接ぎですが、正六角形の亀甲石を組み込んでいます。積み方の匠の技ですね。

 

⑥数寄屋敷石垣

f:id:castle_walk:20191026185930j:plain

f:id:castle_walk:20191026185935j:plain

f:id:castle_walk:20191026185938j:plain

切込接ぎによる石垣ですが、ここまで行くとまるでブロックで組んだようにピッタリです。後に改修された左側(上の写真)の方が表面がより整えられています。

 

⑦戌亥櫓石垣

f:id:castle_walk:20191026190020j:plain

f:id:castle_walk:20191026190016j:plain

打込接を切込接に見せかけてると言うけど、うまく想像できないな(笑)

 

⑧三十間長屋石垣 

f:id:castle_walk:20191026190101j:plain

f:id:castle_walk:20191026190104j:plain

重要文化財の三十間長屋にも技巧的な積み方。「金場取り残し積み」というそうですが、ここまでいくと城の石垣の範囲を超えています。すげー。

⑨鉄門石垣

f:id:castle_walk:20191026190147j:plain

f:id:castle_walk:20191026190150j:plain

単純な長方形ではなく多角形の石が積まれています。表面も丁寧に加工されていてレベル高し。

東ノ丸北面石垣

f:id:castle_walk:20191026190218j:plain

f:id:castle_walk:20191026190215j:plain

この城で一番古い工法の石垣、野面積みですな。技巧的な石垣もいいけれど、このような石垣の方が好みです。

 

感想

今回は思わず石垣を中心に廻ってしまいました。これほどに様々な積み方が混在しているのは、改修時にその時代の最先端の技法を採用したからなんでしょうね。非常に面白い。

また、城内の整備も次々に進めれており、もう兼六園のおまけとは言わせません!