石垣好きの城歩き

石垣好きの城歩き

素人の城好きが気合で城を巡ります。

彦根城(滋賀県)

彦根城滋賀県)2015年10月

個人的評価:★★★★★

井伊家30万石 の居城として有名です。国宝に指定されている天守を始め、櫓,石垣,堀と縄張り全体がとてもよく残っています。お城ファンなら行って絶対損はしません。ひこにゃんも待ってますよ。

日本100名城

 

歴史

彦根城築城は、将軍徳川家康公の命により佐和山城を一掃するため、慶長9年(1604)より着工されました。」

引用:彦根城いまむかし - 彦根観光ガイド : 公益社団法人 彦根観光協会

関が原の合戦後に軍事的緊張が高まる中、豊臣秀頼大坂城を睨むを利かすことを目的として天下普請により築かれました。

 

行き方

行き方難易度:★☆☆☆☆

 JR彦根駅から徒歩15分。ほぼ直線なので迷うことはないと思います。

 

城歩き

表門橋

f:id:castle_walk:20190720110422j:plain

二の丸から架かる表門橋を渡って向かいます。

内堀の腰巻石垣

f:id:castle_walk:20190720151610j:plain

石垣の上に土塁を盛った腰巻石垣。芝の緑がきれいです。

 

石段

f:id:castle_walk:20190720110944j:plain

入場口で入城料を払ってから、石段登りスタート。

 

天秤櫓と廊下橋

f:id:castle_walk:20190720111320j:plain

石段を登りきると見えるのは、天秤櫓と廊下橋。この通路は巨大な堀切の底にだったんですね。この後、左の鐘の丸からぐるっと廻って廊下橋を通ります。

 

鐘の丸入口の虎口

f:id:castle_walk:20190720115244j:plain

 鐘の丸は多角形の平面の曲輪であり、馬出としての役目もあります。

 

天秤櫓と廊下橋

f:id:castle_walk:20190720120739j:plain

先程下から見上げた天秤櫓と廊下橋。いざというときは廊下橋を切り落とすことも出来ます。天秤櫓は長浜城の大手門を移築したものであると言われています。

 

太鼓門櫓

f:id:castle_walk:20190720122142j:plain

本丸への最後の関門である太鼓門櫓。 他の城から移された城門ですが、どこの城からかは謎とのことです。

 

天守

f:id:castle_walk:20190720123402j:plain

やや小振りな3階3重の天守ですが、入母屋破風・切妻破風・唐破風と派手な外観です。彦根城の象徴的な存在で、歴代藩主の甲冑などが収納されていました。大津城の天守を移築したものであると言われています。

 

ひこにゃん3連発

f:id:castle_walk:20190720145455j:plain

f:id:castle_walk:20190720145504j:plain

f:id:castle_walk:20190720145514j:plain

 

感想

廊下橋の下を通って廊下橋を渡る、巧みな縄張りに感心させられました。打込接の石垣も見事で言うことないですね。天守・太鼓門櫓・天秤櫓は他の城からの移築ということが分かっていて、豊臣方との戦いに備えて急いで築城したのが分かります。多くの見どころがあって、大好きなお城です。